スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > マレットフィンガー > 交通事故で骨性マレットフィンガーをオペされた患者さんの経過

カテゴリ一覧
月別一覧
医院案内
院長:佐藤和義
住所:〒247-0056
鎌倉市大船1-23-31 サトウビル1F
TEL:0467-45-6700
アクセス:JR東海道線・横須賀線・根岸線 大船駅東口 徒歩1分
駐車場(有料駐車場40分間サービス券発行)

マレットフィンガー

交通事故で骨性マレットフィンガーをオペされた患者さんの経過

2021年05月01日|マレットフィンガー

交通事故で右手第5指末節骨骨折(骨性マレット)を受傷されて、手術後に

経過が不良な患者さんよりメールでご相談を受けました。

以下が患者さんと私のメールの内容と当院に通院されてからの経過です。

 

 

2020/03/19 

マレットフィンガーについて

 

はじめまして。

去年の10/23に交通事故で右手小指の第一関節を骨折しました。その後、

手術をしてピン本で週間固定。その後はプラスチックの固定器具で更に

週間固定して、ここ週間は夜間のみ固定しているのですが、指が下がった

ままの状態です。

これはマレットフィンガーの症状に似ていると思うのですが、一度見ていただく

事はできますか?

マレットフィンガーの写真を見て、似ていると思いお問い合わせさせていただき

ました。現在通院は〇〇病院の外傷整形外科で診察を受け、リハビリは大船

の○○○○○骨院へ通っています。 年齢は36歳です。 

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

〇〇 〇〇様

こんばんは。

右手小指の骨折の手術後に第一関節が屈曲しているのですね。

〇〇さんの症状は骨性マレットフィンガーではないでしょうか。

マレットフィンガーには腱性マレットフィンガー骨性マレットフィンガーがあり

ます。ピンを二本挿入して第一関節を軽度屈曲位で固定する方法は石黒法

いいます。

10月23日負傷。オペ後6週間の固定は一般的なピン固定期間ですね。

その後、6週間のシーネ固定、8週間の夜間固定をされたとのことですが、

それで、現在も夜間固定をされているのでしょうか。

負傷から148日が経過していますし、可なり長期間になりお困りの事と推察

します。

 

拝見しませんと何とも言えませんが、末節骨の骨折の際に伸筋腱断裂が合併

していた可能性も有りますし、石黒法は第一関節を軽度屈曲で固定するため、

中々真っ直ぐにはなり難い場合があります。

 

さて、○○○○○整骨院では外傷整形外科との連携の元に施術をされて

いますでしょうか。

来院いただく際に可能でしたら、外傷整形外科のレントゲン画像が有れば

ご持参ください。

当院では超音波観察装置で伸筋腱の断裂の有無などを動的に観察いた

ます。その上で、今後の治療方針や固定方法などをご教示致します。

 

当院は予約優先制になっております。

明後日の土曜日は予約で一杯になっており、大変申し訳ございませんが

来週の月曜日以降でしたらご予約が可能です。 

金曜日は祝日で休診ですが、朝9時または夜6時~9時にお電話をいただ

ければご予約が可能ですので、遠慮なくお電話ください。

何か有りましたら、0467-45-6700にお願い致します。お大事に。

 

大船接骨院 佐藤和義

  

 

佐藤先生

お忙しい中、ご返信ありがとうございます。

是非、来週の診察予約をお願い致します。

骨折時は、こんなに指は下がっていなかったです。ピンを刺し、抜いたその日

にはとても痛かったです。担当医は、腱が傷ついてると思うと言われました。

リハビリは、初めは○○病院でしたが変更して、○○○○○整骨院へ通って

います。

レントゲン写真など連携はございませんが、骨はくっついたと医師からは言わ

れてます。次回の診察は4/24です。

医師の判断で指がまだ落ちているので夜間固定という形になっています。

整骨院でのリハビリはヶ月位通っています。

「本当に骨のつき方とか正しいかな?これだけして、指が落ちてくるのは何か

おかしい」と話していました。

車と自転車(私)の交通事故ですので、まだ保険会社を利用しています。

医師からリハビリ施設は併用できないと言われました。

3/25の11時から15時までの間

3/2710時から16時までの間

その次の週ですと、3/3010時から16時までの間です。

上記で予約のご都合がつく日はありますでしょうか。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

こんにちは

大船接骨院の佐藤です。

3月25日(水)の11時にご予約を取らせて頂きました。

レントゲン画像がなくても、取り敢えずはエコー画像を観て

伸筋腱断裂の有無や骨癒合の状態をある程度は把握出来ます。

因みに、患者さん自身でカルテやXP画像などの個人情報の公開を

病院へ求めることが出来ます。

再診の4月24日まで日が有りますので、受付にレントゲン写真のコピーが

欲しいと伝えれば、数日はかかるかと思いますが応じてくれるはずです。

少なくとも再診時にはコピーを頂けると思います。

尚、外傷整形外科の担当医はどなたでしょうか。

過去に何人か連携を取らせて頂いておりますので、来院時に担当医のお名前

教えて下さい。

 

医師からリハビリ施設は併用できないと言われました。とのことですが、

健康保険診療では3箇所で治療の同時進行は出来ませんが、

交通事故では保険会社の担当者が了解すれば可能な場合もあります。

保険会社と担当者の名前は当日メモしてお持ちください。

私の方から担当者に連絡を取らせて頂きます。

また、3月25日来院の際には受傷からの経過を簡単な箇条書きで結構です

のでお持ち頂けますでしょうか。宜しくお願い致します。

来院お待ちしております。お大事に。 

 

このようなメールのやり取りから、3月25日に患者さんが来院されました。

 

3月25日来院時の外観(負傷から154日、オペ後152日:約5か月後)

 

右手小指第一関節  伸展:-40度  左手小指第一関節 伸展:0度

 

 

青木さん②マレット.jpg 

 

右手小指第一関節  屈曲:80度  左手小指第一関節 屈曲:90度

 

 DSC00157.JPG

 

【当院来院までの経過】

 

2019年10月23日 自転車で走行中、車に接触されて転倒し負傷。

 

下記は患者さんご自身が携帯で撮影された負傷後の外観です。 

 

DSC00173.JPG

 

2019年10月25日(2日後)石黒法のオペ後の外観です。

 

DSC00175.JPG

  

12月初旬のオペから約6週間後、ピンを除去され、約8週間のプラスチック

シーネ固定を継続される。

 

1月末に24時間のプラスチックシーネ固定を8時間の夜間固定に変更。

日中の固定をやめてから、徐々に第一関節が屈曲してきてしまう。

 

2月初めから○○○○整骨院でリハビリを開始。電気治療とマッサージ

されていたそうですが、症状には変化が無く3月25日に来院されました。

 

当院では、超音波観察装置で伸筋腱の癒合不全を確認したため、患者さん

の指にフィットしたプラスチックシーネを作成して入浴以外の再固定を施行。

物理療法として、超音波バスによる温熱療法、機能訓練を施行。

 

外傷整形外科の担当医の再診の際には、ご報告書を患者さんへお渡しして、

経過をご報告致しました。

 

3月25日からの再固定時は入浴以外をシーネ固定として、第一関節の 

伸展力がついたため、4月9日からは日中16時間は伸縮性テーピング、

夜間8時間はシーネ固定に変更しました。

経過も良く、4月27日には日中の伸縮性テーピングをやめ、夜間固定のみ

としました。

 

下記のように、4月30日には左手小指第一関節が伸展0度で安定しました。

 

青木さん③マレット.jpg

 

4月30日 右手第一関節屈曲50度。 健側の左手第一関節90度。 

 

DSC00322.JPG

 

4月30日より1/f 低周波通電音楽療法を施行。

このまま右手小指の伸展は0度で安定しましたが、右手小指の最大屈曲は

60度までの改善が限界でした。

 

最終的には治療をしても右手小指の最大屈曲の可動域制限の改善が見ら

れなくなったため、症状固定で治療は終了となりました。

 

 

6月22日 右手小指第一関節の最大屈曲は60度で症状固定 

 

DSC00580.JPG

 

 6月22日 右手小指一関節の伸展は0度で完全に安定しました

 

青木さんマレット.jpg 

 

当院通院期間:90日 通院日数:24日

 

最終的な左右の関節可動域を比較しますと、

 

 3月25日初診時

 

 右手小指第一関節 伸展:-40度 屈曲:80度》

  

   関節可動域40

 

 

 6月22日最終来院時

 

右手小指第一関節 伸展:0度  屈曲:60度》 


《左手小指第一関節 伸展: 屈曲:90度》

 

   関節可動域60

 

 

患者さんには、このように伸展は改善すること、再固定によって屈曲制限

が増すことを3月25日の初診時にはお伝えしていました。

 

患者さんは手術を担当された整形外科医師に後遺障害認定の診断書を

記入していただき、保険会社に提出されました。

その手続きのお手伝いを少しさせていただき、昨年末には事故の示談が

成立したとのことで、わざわざご挨拶に来てくださいました。

 

その際にいただいたメッセージが下記になります。

 

佐藤先生

 

私の小指の治療と弁護士さんのことまで、何から何まで

お世話になりました。

こんなに丁寧に治療報告をして下さるのは佐藤先生だけと

保険会社の〇〇さんもおっしゃっていました

私も、先生の知識と技術とお心遣いに大変助けられました。

本当にありがとうございました。

 

このようなメッセージをいただきますと、これからの仕事の励みになります。

 

初回来院時には右手の小指の第一関節が40度も曲がっていて、洋服の

着替えでは指が引っ掛かり、料理や洗濯などの家事でもかなりの支障が

あると仰っていました。

再固定をしたことで第一関節の曲がりは悪くなりましたが、真っ直ぐになり

日常生活にはほぼ支障が無くなられたと喜んでいただきました。

これからも料理のお仕事や子育てに励んでいただけたら嬉しく思います。

 

尚、先日患者さんへ、ブログの掲載許可をメールでお願いしました。

その後の経過をお聞きしましたところ、

「お陰様で最近はもう小指のことを気にせず生活しております」

との返信をいただきました。

 

骨性マレットフィンガーで経過不良な方がおりましたら、上記の患者さん

のようにある程度の改善は可能ですので、諦めずにご連絡ください。

 

 

JR大船駅南改札(ルミネウイング側)

東口より徒歩1分

優先予約制(来院時または電話でご予約ください)

急患応需

交通事故治療対応

労災指定接骨院

鎌倉市大船1-23-31サトウビル1階

☎ 0467-45-6700 

大船接骨院    


 
 
診療時間