スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > マレットフィンガー > 受傷後20日以上を経過し来院された腱性マレットフィンガーの患者さんの経過

カテゴリ一覧
月別一覧
医院案内
院長:佐藤和義
住所:〒247-0056
鎌倉市大船1-23-31 サトウビル1F
TEL:0467-45-6700
アクセス:JR東海道線・横須賀線・根岸線 大船駅東口 徒歩1分
駐車場(有料駐車場40分間サービス券発行)

マレットフィンガー

受傷後20日以上を経過し来院された腱性マレットフィンガーの患者さんの経過

2018年12月28日|マレットフィンガー

受傷後20日以上を経過し、整形外科ではもう治らないと言われた腱性マレットフィンガーの41才男性の方の治療経過をお伝えします。 

10月30日埼玉県朝霞市の男性からメールを頂きました。以下が頂いたメールです。 

腱性マレットフィンガーと診断され、もう治らないと言われて困っています。状況としましては、1011日に左手小指を人に踏まれました。始めは多少腫れていたのですが、指も動くし、痛みもそれほどではなかったので、ほっときました。、3日後に気づくと第一関節だけ曲がって戻らなくなっていました。痛みもほとんどなく、仕事も忙しかったため、そのうち治るだろうと思い病院には行きませんでした。

今日1030日まで改善がないため、病院に行くと腱性マレットフィンガーと言われ、時間も経ってるからもう手遅れで治療法もないし、治らない。今後はグーも出来なくなるかもと言われました。もう手遅れなのでしょうか? 

もし何か治療法があるならお伺いしたいのですが、家からも遠く、仕事もあり直近で行くのは診療時間内が難しいのですが、相談にはのっていただけるのでしょうか?宜しくお願いいたします。」

 

以下が私からの返信です。

 

「以前、埼玉県八潮市から1~2週間おきに通院されて、腱性マレットフィンガーで完治された48才男性の方が居りますが、確か大船まで1時間30分はかかると言われていました。朝霞市もそのくらいかかるようですね。 

さて、年齢が解らないので一概には言えませんが、腱性マレットフィンガー2~3ヶ月過ぎてから治療しても可なりの機能的改善が見込めます。取り敢えずかぶれないようでしたら、第一関節のみを真っ直ぐにテーピングなどで固定することをお勧めします。

10月11日の負傷でしたら、まだ日が経っていませんから、右手の小指と同じにするのは無理でも、可なりの改善が可能ですし、手遅れではありません。

ちなみに放置されてもグーは完全に出来ます。伸ばす方だけが困難になってしまいます。ある程度伸ばすことが出来て、尚、曲げる方も改善されたいでしょうから、遠方でも来院頂けますか。

取り敢えず、今週末の11月3日(土)の午後3時はいかがでしょうか。祝日なので休診ですが、この日は早朝8時から9時に4名の腱性マレットフィンガーの患者さんを治療します。9時から14時ぐらいの間に、治療室のエアコンのクリーニング作業が入っています。業者さんに立ち会うため接骨院で仕事をしておりますので、午後3時ごろでしたら、手が空くと思いますので、来院頂ければ固定処置、物理療法、今後の見通しについて詳しくご説明いたします。返信お待ちしております」

 

返信ありがとうございます。土曜日15時大丈夫です。お伺いいたしますので宜しくお願いします。休みなのに申し訳ございません。ありがとうございます。ちなみに年齢は41才です」

この男性患者さんは自動車の整備士をされており、11月2日(金)の午後に時間の都合がついて来院されました。下記が来院時の外観です。

 

DSC07962.JPG 

 

お電話を頂いた際にすぐに固定をして下さったので、11月2日の来院時には受傷から23日(3週+2日)ですが、伸展の維持が可能になっていました。

 

超音波バスによる温熱療法後、第一関節をシーネ固定しました。

遠方なため1~2週間に1回程度、通院して頂くことにしました。

 

その後、経過も良く11月27日(受傷から48日=6週間+6日来院時の関節可動域は下記のようになりました。

 

DSC08030.JPG

 

DSC08031.JPG

 

左手小指の第一関節の伸展0度最大屈曲は約50度です。

 

右手小指(健側)の第一関節の最大屈曲は85度です。

 

それから2週間後の12月11日(受傷から62日=8週間+6日)の来院時の関節可動域が下記になります。 

 

DSC08098.JPG

 

DSC08099.JPG

 

左手小指の第一関節は、ほぼ伸展0度で最大屈曲は約70度です。経過良好な為、日中を伸縮性テーピングとし、夜間をシーネ固定継続にしました。

 

健側が最大屈曲85度ですから、あと15度で屈曲の制限が無くなります

 

41才という年齢的な要素も有りますが、20日ぐらい放置した腱性マレットフィンガー(伸筋腱断裂)でも、この患者さんのように機能的な改善が見込めます。 

恐らくあと1~2ヶ月程でほぼ完治されるでしょう。

 

 

腱性マレットフィンガーの治療で大切なこと】

 

患者さんの指の形に合ったフルオーダーの固定を使用。

 

適切な固定期間(6~8週間)夜間固定(4~12週間)

 

  +日中の固定テーピング(患者さんの職業や症状により施行)を施行。

 

初期からの物理療法と第一関節の伸展を維持した上での、第一関節の

 

  経過に伴った、6~8週後から実施する適度な屈伸のリハビリ。

 

長期を要す疾患としての、患者さんと医療者側の相互理解と納得。

 

 (全日の固定期間は6~8週間 夜間固定は4~12週間 治療期間は3~6か月以上)

 

職業(建設業、内装業、音楽家、S.Eなど)や趣味(ゴルフ、剣道、バレー、

 

  バスケ、柔道等)を医療者側が理解した上で、患者さんも治療に協力する。

 

数週間過ぎた放置例や数か月過ぎた経過不良例でも、固定や物理療法等

 

  治療によって、ある程度の機能回復が得られる疾患であるという理解

 

  陳旧例であっても年齢によっては完治する方もいるという事実を知る。

 

不適切な圧迫固定による褥瘡形成極端に短い固定期間、第二関節

 

  (PIP関節)を含む、または第二関節の屈曲を妨げる固定を長期間

 

  (4週間以上)されることによって後遺症が残るという事実を知る。

 

 

腱性マレットフィンガーは誤った初期治療さえしなければ、50歳以下の方なら、90%以上治る(=可動域の改善)疾患です。40歳以下の方ならほぼ完治が見込めます。

  

50歳~70歳の方でも 日常生活には支障のない機能的改善が見込めます。

 

  

固定をして何もせず、経過観察(問診)だけの治療に疑問を持たれたなら、そのまま放置せずに転療された方が宜しいと思います。ほぼ機能的には改善出来る腱性マレットフィンガー(伸筋腱断裂)の患者さんが、長期間の圧迫固定により、褥瘡を形成し後遺症や機能的な障害を残してしまっており、とてもお気の毒です。
 
 
下記の写真の患者さんは平成29年12月15日に入浴中に身体を洗っていて、どこかに突き指し負傷されました。(東京都内在住で勤務先が大船の技術職50代男性の方です)
翌日、近所の整形外科を受診されて、腱性マレットフィンガー(伸筋腱断裂)の診断を受け、第二関節(PIP関節)を含むアルフェンス固定をされました。2週間ごとに通院され、4週間は第二関節を含む範囲の固定を継続し、2月10日の約8週間(57日間)までアルフェンスで第一関節の固定をされました。その3日後の2月13日に会社のご友人の方の紹介で来院されました。 
 
患部の浮腫、発赤、屈曲痛、第一関節部の圧痛が著明で、受傷した4指以外の3指、5指の第一関節及び第二関節の屈曲制限も著明でした。
 
(最大伸展時)
 
DSC06969.JPG

 

(最大屈曲時)

 

DSC06970.JPG

 

このような症状により日常生活やお仕事にとても支障を来してしまい、大変お困りでした。 

このような症状を関節拘縮と言います。

可なりの期間を要する状態である事を丁寧にお伝えし、定期的に通院頂きました。お仕事の都合上、週に1~2回しか通院は出来なかったのですが、1年近く通院頂きました。 

平成30年12月26日の最終通院日の外観が下記になります。

 

DSC08153.JPG

 

DSC08154.JPG

 

健側に比べますと伸展制限、屈曲制限ともに残存しておりますが、浮腫、発赤、屈曲痛などの諸症状は消退しております。拘縮症状が強く、来院時は機能障害が可なり残存すると思っておりましたが、幸い3指はほぼ左右同等のレベルまで機能改善されました。5指も屈曲制限はわずかに残りましたが、可なり改善されました。

 

患部の右手第4指は第一関節の伸展が-45度⇒-25度、屈曲45度60度

            第二関節の屈曲が79度⇒100

 

長期間に渡り通院頂き大変お疲れ様でした。 またお怪我をされないように気をつけてください。

 

当院はJR大船駅南改札東口から徒歩1分で、大船駅は湘南新宿ラインなどのアクセスも良いため、遠方から来院される患者さんも多数おられます。

 

腱性マレットフィンガー(伸筋腱断裂)や骨折後の手関節、手指の関節可動域制限(拘縮症状)、足関節周辺の捻挫や骨折後の可動域制限等でお悩みの方は、遠慮なく下記の電話番号かメールにご連絡ください。

 

被害者救済の立場から、

交通事故の頸椎捻挫(むち打ち症)や腰椎捻挫、打撲傷、関節捻挫(靭帯損傷)等の治療も医科と連携をとり適切に対応しております。遠慮なくご相談ください。

 

 

大船駅東口より徒歩1分

急患応需

交通事故治療対応

労災指定接骨院

鎌倉市大船1-23-31サトウビル1階

☎ 0467-45-6700

大船接骨院  


 
 
診療時間